靴下が臭い理由は、洗濯と干し方にあった!?

「靴下」のニオイ対策

あれ?靴下ちゃんと洗ったのに、何か臭い・・・?

こんなこと、ありませんか?

毎日洗濯機で洗って干しているはずの靴下、履いてみると何かニオイがする・・・

 

原因はズバリ雑菌が発生して臭い成分を出しているからです。

こうした臭いは「生乾き臭」なんて呼ばれていますね。

 

ではなぜ、ちゃんと洗ったはずの靴下に雑菌が発生するのか?

それは、洗濯とそのあとの干し方に原因があるんです。

 

正しい洗濯と干し方を知って、生乾き臭に悩む日々とはオサラバしましょう!

雑菌が繁殖する条件

まずは、雑菌が繁殖する条件について簡単にまとめます。

雑菌が繁殖するために必要なのは「温度」「湿度」「エサ」です。

 

「温度」は20~40℃付近が、雑菌が繁殖しやすい温度帯です。

「湿度」は60%以上あると、どんどん雑菌が増えていきます。

「エサ」となるのは皮脂や垢、それに洗い残した洗剤です。

 

つまり生乾き臭を減らすためには、「洗った後はなるべく早く乾かす」「洗濯が終わった時点で汚れや洗い残しがないようにする」ことが重要となります。

(温度は高い方が汚れが落ちやすくなるし、殺菌効果もあります。しかし、衣類によっては高温で洗濯出来ない場合があるので要注意です)

 

これを踏まえて、生乾き臭の原因について確認していきます。

洗ったはずの靴下が臭い理由とは?

洗ったはずなのに、臭い・・・

それでは、洗ったはずの靴下が臭い理由について、細かく見ていきましょう。

洗濯した後に放ったらかし

洗濯後は、すぐに洗濯機から取り出して干すようにしましょう。

洗い終わった後も洗濯機の中に入れたままだと、洗濯機の中の湿度が下がらないので、雑菌が繁殖してしまいます。

 

洗濯した後にすぐ干せないのなら、とりあえず洗濯機のフタだけでも開けておくか、脱水をもう一度念入りに行うのも手です。

一度に洗濯する量が多すぎる

洗濯槽いっぱいに洗濯物を入れて洗濯・・・ついやってしまいがちですが、これはおススメできません。

 

一度に入れる洗濯物の量は洗濯槽の70%以内にしましょう。

それ以上多く入れてしまうと、洗濯物に対して洗濯機内の水流が足りなくなります。

 

洗濯機は、水流を起こすことで衣類の汚れを落としています。

 

洗濯物がいっぱいで水流が足りないということは、汚れが十分落ちない可能性があります。

ドラム式だと、衣類を上から下へ落とすことで汚れを取っていますが、洗濯物が多いとこの叩きつけができなくなってしまいます。

 

汚れが落ちていないと、雑菌のエサである皮脂や垢などが残ったまま干すことになります。

その結果、雑菌が繁殖しやすくなり、生乾き臭がするのです。

汚れた靴下を当日に洗わない

洗濯物の量が少ないから、数日分をまとめて洗濯するという方もいるでしょう。

しかし、洗わずに放置している時間が長くなるほど、靴下についた汚れは繊維の奥までしみ込んでいき、取れにくくなります。

 

もし洗った後の靴下がカピカピになっていたら、それは洗い残した皮脂が固まったものです。

そのまま履くと、臭いの原因となります。

使用している洗剤の量では汚れが落とし切れていない

泥だらけの靴下など、汚れのひどいものを通常の洗剤の量で洗っても、汚れが十分にとれない場合があります。

かと言って洗剤の量を適当に増やすと、洗い残しになるのでこれも避けたいです。

 

「念入り洗い」にするか、後で解説する「予備洗濯」をしてから通常の洗濯をしましょう。

洗濯漕が汚れている

洗濯槽、汚れてませんか?

そもそも洗濯槽が汚れていませんか?

洗濯槽の洗浄を定期的にしないと、汚れが少しずつたまっていき、カビが生えてしまいます。

 

そんな洗濯機で洗った靴下がキレイなわけないですよね。

脱水が不十分なまま干している

洗濯物が多かったり、分厚い衣類を洗った後に、脱水が不十分だなと感じたことはありませんか?

この場合は、もう一度脱水をするようにしましょう。(洗濯物の量によっては2回に分けて脱水)

 

そのまま干してしまうと、当然乾きが遅くなりますから、雑菌が繁殖しやすくなります。

干している部屋を締め切っている

雨の日や花粉など、様々な理由から部屋干しすることがありますが、洗濯物を干している部屋はずっと締め切っていませんか?

(ちなみに我が家では部屋干しが基本です。)

 

洗濯物が乾くのは、洗濯物についた水分が空気中に飛んでいくからです。

締め切った部屋で干していると、部屋の湿度がどんどん上がり、湿度が100%近くになるとそれ以上乾きません。

 

実は室温35℃・湿度90%の部屋よりも、室温10℃・湿度40%の方が乾きは早くなります。

つまり、温度が高いからといって早く乾くというわけではありません。

 

定期的に空気を入れ替えるのが良いですが、どうしても換気が難しければ、乾燥器を使いましょう。

部屋の湿度が下がるので、水分が飛びやすくなります。

 

さらに、扇風機やエアコンの「送風」を使って風を当てると、洗濯物の周りの空気が循環するので乾きが早くなります。

洗濯物同士がくっついたまま干す

濡れているもの同士がくっついていると、その部分が乾きにくくなります。

濡れている部分に空気の通り道をつくってあげましょう。

生乾きのまま畳んでしまっている

きちんと乾いたことを確認してから畳むようにしましょう。

気温の低い日だと、干しても冷たいから乾いているのか分かりづらいときがあるので要注意です。

生乾きを防ぐために

生乾き臭が気になる

前章でも少し触れましたが、生乾き臭を防ぐための方法は

・汚れたものはなるべく早く洗う

・汚れがひどいものは予備洗濯する

・洗った後はすぐに干す

・干す場所は換気もしくは除湿する(風を当てるとさらに早く乾く)

部屋干しは、空気の循環がカギになります。

 

また、そもそも部屋干しはニオイがしやすいので

・部屋干し用、生乾き臭を抑える洗剤を使う

のも手ですね。

 

さらに、干す際は日光の当たる場所に干すようにしましょう。

日光の殺菌効果も期待できます。

予備洗濯について

別記事でも紹介しましたが、洗浄液につけおきしてから洗うと、汚れがスッキリ落ちます。

重曹、セスキ炭酸ソーダ、酸素系漂白剤などが挙げられます。

重曹

重曹は少しヌルヌルするので、肌荒れが気になる方はゴム手袋をつけるようにしましょう。

 

やり方としては、まず洗面器にぬるま湯を入れ、大さじ1~2杯の重曹を入れます。

軽く汚れを落とした靴下を重曹水につけて揉み洗いしたら、2~3時間後に通常の洗濯をします。

重曹で消臭!?足湯にスプレー、重曹で足のニオイは消える?
足のニオイに重曹が効くって聞いたことありませんか?この記事では、重曹を使った足のニオイ対策は本当に効果があるのか?その使い方と注意点を詳しくまとめました。手軽な足のニオイ対策を探している方は必見!どうぞご覧下さい。

セスキ炭酸ソーダ

重曹よりもアルカリ性が強いので、皮脂汚れは取れやすくなります。

ただし、その分皮膚への影響も強くなるので使用する際はゴム手袋の着用をオススメします。

 

まず水1リットルに対し、セスキ炭酸ソーダ大さじ一杯を加えます。

軽く汚れを落とした靴下をセスキ炭酸ソーダ水につけ、2~3時間つけてから洗濯します。

セスキ炭酸ソーダで足のニオイは消える!?重曹との違いは?
靴下の臭いに悩むあなたへ。 お掃除グッズとして知られる「セスキ炭酸ソーダ」なら手軽に消臭できるって知ってましたか? この記事では、セスキ炭酸ソーダを使った靴下のニオイの取り方を解説しました。どうぞご覧下さい。

酸素系漂白剤

「オキシクリーン」なんかが有名ですね。

通常の洗剤より洗浄力や除菌力が高いので、ここぞというときに使ってみてください。

 

使い方は・・・

キレイにしたい箇所に酸素系漂白剤を直接つけ、普段使う洗濯洗剤を溶かした40℃のお湯につけます。

30分〰2時間後、他の洗濯物と一緒に洗濯します。

※塩素系漂白剤はキケン?

塩素系漂白剤「ハイター」などは、酸素系漂白剤よりもさらに洗浄力が強いのですが、色落ちしてしまいます。

よほど汚れがひどい場合以外はつけおきをする必要はありません。

まとめ

正しく洗濯と洗濯物を干す習慣をつければ、生乾きのニオイは減らせます。

 

また、きちんと汚れや臭いをとることで、お気に入りの靴下を長く使えるのでエコです。

 

ぜひ、日々の洗濯習慣を見直してみてください。

足の臭いが消えた!アニセ薬用石鹸のオドロキの効果とは?
管理人の体験レビューはコチラから
足の臭いが消えた!アニセ薬用石鹸のオドロキの効果とは?
管理人の体験レビューはコチラから
タイトルとURLをコピーしました