【悲報】正しい足の洗い方を知らないと、足のニオイは消えません!

「足」のニオイ対策

【悲報】正しい足の洗い方を知らないと、足のニオイは消えません!

足のニオイ対策の基本として、「足を清潔にする」ということが挙げられます。足を正しく洗う、と言い換えられますね。

ですが、足を正しく洗うってどうすればいいんでしょうか?

この記事では、足の正しい洗い方についてまとめております。毎日のことですから、ここで間違ったことをしていると、その積み重ねがあなたの足のニオイに関係してきます。ぜひ確認してください。

足を洗うのは・・・

足を洗う際に使用するのは、「固形石鹸」を強くオススメします。固形石鹸とボディソープの違いについては、下記記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

足のニオイ対策のウソホント!?~石鹸の選び方
足のニオイ対策のウソホント!?~石鹸の選び方 足のニオイ対策の本命は、足を清潔に保つことです。 足の洗浄が大切ですね。そこで「固形石鹸」と「液体石鹸(いわゆるボディーソープ)」のどちらを使う方が効果があるのか?ということについて調べ...

↑で紹介した記事にも書きましたが、足の雑菌を根こそぎ取ってやる必要はありません。むしろ、逆効果です。

「ほどほどに」雑菌はいてもらわないと困るのです(この、ほどほどにいる雑菌を常在菌といいます)。雑菌を根絶やしにするのではなく、適度に洗い落とし、雑菌が繁殖するスピードを遅らせることが大切になってきます。

表皮ブドウ球菌について

体の表面には常在菌がいて、いわゆる「善玉菌」と「悪玉菌」がいます。

健康な皮膚には表面にいる「表皮ブドウ球菌」という善玉菌が優位になっています。

表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗を食べて、肌を弱酸性に保ち、さらに脂肪酸(良い香りの元)を作るんです。めちゃくちゃ善いヤツですよね。

黄色ブドウ球菌について

一方、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」が作る脂肪酸は、アンモニアなどのクサい原因になります。こいつらは、悪玉菌ですね。

洗い過ぎはキケン!

悪玉菌のエサとなる皮脂や汗をしっかり洗い流せばいいのでは?と考えた方、ちょっと待ってください。

これをやってしまうと、皮脂や汗はキレイになりますが、表皮ブドウ球菌本体までもやられてしまいます。

さらに、皮脂を取りすぎることで、体が「このままじゃ皮膚が乾燥しちゃう!」と、余計な皮脂を出してしまいます。

石鹸の洗い残しもNGです。

悪玉菌である黄色ブドウ球菌はアルカリ性が好きなので、石鹸の洗い残しをエサに繁殖します。

 

「ゴシゴシ洗い」は必要ありません。皮膚を傷つけてしまい、かえって雑菌が入り込みやすくなってしまいます。固形石鹸をしっかり泡立てたら、手でやさしく洗ってあげましょう。

・ゴシゴシ洗い、洗浄力の強い洗剤(ボディソープ)はNG
固形石鹸をしっかり泡立てて、手で優しく洗いましょう

足「だけ」を洗うこと

固形石鹸は、洗浄力がマイルドです。ですから体全身を上から下まで一度に洗おうとすると、足を洗う頃には洗浄力がほとんどなくなってしまいます。

いくら洗いすぎはダメといっても、あまりに弱すぎては意味がありません。

ですから、体のどこから洗うかはご自由ですが、足を洗うときは足「だけ」で洗うようにしましょう。

足の正しい洗い方

では、具体的な足の洗い方についてみていきましょう。

足にたっぷりと水分を吸わせる

洗面器にお湯を張り、その中に足をつけて足にたっぷりと水分を吸わせましょう。その間、ただ待っているのもいいですが、頭や顔など他の体の部位を洗っておいてもいいですね。

固形石鹸をたっぷり泡立ててから、手で洗う

泡立てネットがあるなら、ぜひ使ってください。たっぷりの泡で、足をなでるように洗うイメージです。

タオルで洗うのが絶対だめというわけではありませんが、気づかず足をこすってしまいがちなので、手で洗うことをオススメします。

 

※何回もしつこく泡立てるようにと言っているのは、泡が足と手の間の潤滑油の役割をするからです。

足の皮膚はデリケートですから、優しく洗って、皮膚を傷つけないようにしてください。

足の指の間、爪は特に丁寧に洗う

足の指の間、爪は汚れがたまりやすい場所です。足の指の間を一つ一つ、指をちゃんと入れて洗いましょう。

爪の中は汚れや垢が溜まりやすいので、ここも忘れずにきちんと洗いましょう。泡が足りなくなったら、何回でも泡立ててくださいね。

また、足の爪の汚れは、なかなか取りきれません。

毎日とはいかなくても(やりすぎて傷つけては逆効果です)週に1回くらいは、足の爪用ブラシ又は古い歯ブラシなどで爪の汚れをしっかり取りましょう。

しっかりすすぐ➡しっかり乾かす

両足を洗い終わったら、しっかり洗い流しましょう。熱すぎたり、強すぎるシャワーは肌に負担がかかります。

洗い流したら、速やかに乾かしましょう。タオルでやさしく水分をふき取ってあげてください。

 

すぐに靴下などを履かないといけない場合は、ドライヤーを使って乾かすのもOKです。

必要な方は保湿を忘れずに

私の場合、固形石鹸で足を洗ってそのままにしておくと、足がかゆくなったことがあります。乾燥が気になる方は、保湿ケアをしてください。

ただし、あまり保湿しすぎると雑菌が繁殖しやすい条件になってしまいますので、注意が必要です。

まとめ

あなたは足を正しく洗えていましたか?

日々のケアは大切です。毎日きちんと足を正しく洗って、足のニオイと早くおさらばしましょう!!

 

タイトルとURLをコピーしました