足がクサい原因、知ってますか?足の臭さには、いろんな理由があります!

足がクサい理由

「足のニオイ、何とかしたい・・・」

と思った時に、「そもそもどうして足がクサいんだ!?」という理由がはっきりわかっていないことに気づきました。そこで、この記事では「なぜ足がクサくなるのか?」について調べたことをまとめています。

足がクサい理由はいくつかあります。

足がクサい理由はいくつかあります。

体の異変のサインとして、足がクサくなることがあります。

まず、体が疲れやストレスを感じると、新陳代謝が弱ってしまいます。すると、肝臓の働きが弱ります。肝臓はアンモニアを分解する臓器ですが、このアンモニア分解力が落ちてしまい、体内に流れてしまい、汗に混じってしまうのです。

その結果、あのツーンとした嫌なニオイがしてしまうのです。

お酒を飲んだ人の足がクサいと感じたことはありませんか?実はあれも原理は同じです。肝臓の働きが弱ることで足からアンモニア臭がしているんです。

ちなみにですが、肥満体の方も肝臓の働きが鈍くなってしまい、足がアンモニア臭くなりがちです。

便秘も足のニオイの原因

一見関係ないようですが、実は便秘も足のニオイの原因です。便秘になると、本来は外へ出したい便を体内で蓄積してしまいます。この蓄積している便に含まれているアンモニアが血流にのって全身を巡り、足の血管から体外へ出る際にアンモニア臭がしてしまう、というわけです。

汗をかくから・・・?

イメージだと、汗をいっぱいかいた方がより足がクサいような気がします。これは本当なのでしょうか?

詳しく見ていきます。

汗がクサいわけではない

「汗くさい」という言葉があるように、「汗=臭い」と考えている方は多いです。それなら汗を抑えることでニオイを抑えよう、ということで制汗スプレーを使ったことのある方も多いでしょう。

しかし汗が原因でクサくなってしまう、というのは厳密には間違っていないのですが、汗そのものがクサいわけではないのです。

一体どういうことなのでしょうか?「汗」と足のニオイはどういう関係にあるのでしょうか?

そもそも汗とは何なのか?

そもそも汗は、皮膚にある「汗腺」から分泌されるものです。汗腺は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類に分かれます。

ちょっとわかりにくいですが、エクリン腺とアポクリン腺の位置を図で表してみました。

エクリン腺

エクリン腺は全身にあり、足の裏にあるのもエクリン腺です。全身で約200万個もあります。エクリン腺から出る汗は1日約1.5リットル程です。

アポクリン腺

アポクリン腺は。耳、ワキ、乳輪、陰部(肛門)など限られた部分に存在しています。ここから出る汗は体臭の原因となる汗です。俗にフェロモンともいわれます。

ということで、本当の意味で汗臭いのはアポクリン腺から出る汗のニオイです。

精神性発汗とは?

緊張したときに、手のひらやワキに汗をかいてしまうことってありませんか?実はこれ、「精神性発汗(緊張汗)」というといいます。

詳しいメカニズムは分かっていませんが、ストレスを感じる状況だと自然と汗が出てしまうのです。

足の裏の汗はクサくない?

ところで、足の裏にあるエクリン腺から出る汗の成分をみると、99%は水分で残りはほぼ塩分です。つまり、ニオイの原因物質は含まれていません。

管理人
管理人

でも汗をいっぱいかいた時って、足が臭い気がするけど・・・?

それは、足から出た汗が皮膚表面の古い角質や垢とまじりあい、雑菌がこれを分解することでニオイ成分が発生するからなのです。汗そのもののせいではありません。汗をかくということは、足は高温多湿でムレムレになります。それは、雑菌にとって居心地の良い環境なんです。

そして、古い角質や垢は雑菌にとって最高のごちそうです。雑菌にとって過ごしやすい環境な上に、美味しいごちそうがわんさかある・・・どう考えても、雑菌が繁殖しますよね。

繁殖して増えまくった雑菌たちは、美味しいごちそうを食べた後には、人間と同じように排泄物(イソ吉草酸や酢酸)を出すんです。これが、あの足の独特なニオイの原因です。つまり・・・

管理人
管理人

足のニオイは、雑菌のう〇ちのニオイってことなの!?

 

 

そうなんです、そう思ったらクサイのも理解できますよね。

汗そのものがクサイ・・・は間違い。汗をかくことで、雑菌が繁殖しやすくなる。実際は、足の汚れを雑菌がエサとして食べる➡う〇ちする➡ニオイがする!

足は汗をかきやすい

人間のカラダの中でも、足の裏は特に汗をかきやすい部分です。その量は、ごく普通に生活しているだけでも1日でコップ1杯分(大体200ml)です。

先ほど、全身で1日1.5リットル(1500ml)と書きましたが、足の裏という狭い範囲で、これだけ汗をかくんです。

もちろん気温が高い日やスポーツをすれば、さらに汗の量は増えます。

朝から晩まで裸足の人はそう多くないでしょう。しかも多くの方は靴下を履き、さらに靴を履きます。つまり汗をいっぱいかいた足を、靴下や靴の中に閉じ込めてしまっているわけです。

すると、靴の中は湿気ムンムンで温かくなりますよね。(靴を履いて10分後には靴の中の湿度が100%に達している、というデータもあるそうです。)実はこの環境って、雑菌にとっては楽園なんです。

靴の中は雑菌にとってサイコ―の環境

雑菌にとって最高の住み心地で、しかも垢や古い角質といった最高のごちそうがわんさかもらえる・・・となったら、雑菌さんはずっと居座ってウ○コし続けてしまいます。

つまり、足のニオイ対策としてこの雑菌の繁殖をいかにおさえるか、ということがポイントとなってきます。

足はもともと汗をかきやすい。しかも靴下や靴を履くことで湿気がたまりやすいため、雑菌が繁殖しやすい条件が整っている。なので、何も対策しないとどんどんクサくなる。

まとめ

足のニオイの原因はいくつかありますが、大きく2つに分けられます。

・体の異変のサイン

・雑菌の繁殖

雑菌の繁殖を防ぐには、「足」「靴」「靴下」の3点を対策する必要があります。詳しくは下記記事をご覧ください。

「足」対策は、何と言っても足を洗う事から始まります!!

【アニセ薬用石鹸】1週間使ってビックリ!!「足専用石鹸」の効果はウソじゃなかった!!
足の臭い対策のためにつくられた「アニセ薬用石鹸」。長年足の臭いに悩んでいた私は、この石鹸のおかげで無臭になりました!この記事では、なぜアニセ薬用石鹸がスゴイ消臭力を持つのか、実際に使った感想などをまとめました。足のニオイに困っているあなたに、きっと役立ちます。

「靴」対策をしないと、いつまでも足がクサいままです。

靴の臭い対策、間違っていませんか!?強烈なニオイを消す方法は?
足のニオイ対策は「足」「靴」「靴下」です。今回はそのうちの一つ、「靴」の手入れについてみていきます。靴は清潔ですか?あなたは毎日体洗いますか?服は洗濯したものを着ていますか?と聞かれたら、「当たり前だ!」と思いますよね。・・・では、靴はどう

「靴下」は、素材にも注目するとニオイ対策になります。

靴下のニオイ、何とかしたい!今からできる消臭対策とは?
「足が臭い」というとき、実は足ではなく靴下からニオイがしていたということはよくあります。足から出る汗とニオイをたっぷり吸い込んだ靴下は、一度発生したニオイがなかなかとれない状態になっています。足と靴の仲立ちをする靴下、ここをしっかりニオイ対
タイトルとURLをコピーしました