重曹で消臭!?足湯にスプレー、重曹で足のニオイは消える?

足のニオイ対策のウソホント!?

足のニオイ対策としてよく取り上げられるのが、「重曹」です。

コスパの良さがウリの重曹。家の掃除など様々な場面で役立つのに、安く手に入れることが出来る。

そんな重曹が足のニオイに効くらしい。同じやるなら安く足のニオイ対策ができれば、それにこしたことはないですよね。

というわけで、実際に重曹は足のニオイに効果があるのか?を調べてみました。

重曹ってそもそも足のニオイに効くの?

重曹がなぜ足のニオイに効くといわれるのか?

それは、雑菌が古い角質や垢を食べたときに出す「イソ吉草酸」という物質を中和することができるからです。

イソ吉草酸って?

「イソ吉草酸」はあの足のニオイの原因となる物質の一つです。私は大学時代に、実際にイソ吉草酸のニオイをかいだことがありますが・・・

まさに「お父さんが一日履いた靴下のニオイ」がしました。

とっても嫌~なニオイです。(そして、そんなニオイが私の靴下から毎日していた、ということが腹立たしいです・・・)

重曹はイソ吉草酸のニオイに効果あり

そしてイソ吉草「酸」は、読んで字のごとく「酸性」です。一方、重曹は「アルカリ性」。酸性のときにはこのニオイ成分が揮発しやすい(空気中に飛び回りやすい)性質があります。ところがイソ吉草酸が重曹と反応して中和されると、揮発しにくくなるためニオイがしなくなるというのです。

重曹の消臭効果は、これまでもメディアなどでよく取り上げられたので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

重曹で足の臭いは減りました!!

実際に私も試してみましたが、確かに足のニオイ(足以外にも、靴にこびりついたニオイ)に効果はありました。具体的に、重曹をどう使ったら足の臭いを減らせるのか?

前提として、足のニオイには「足」「靴」「靴下」の3点について対策する必要があります。ですから、部位別にみていきます。

重曹で「足」の臭いを減らす

足に多くついたイソ吉草酸を、重曹で除去できます。まず足をキレイにしたあとに「重曹足湯」をして、ニオイをしっかり取り除きましょう。

ですが、いくつか注意点があるのでもう少し詳しく見ていきます。

足は優しく洗いましょう

足を洗う際のポイントは、ゴシゴシとしっかり洗わないことです。

ごしごし洗って肌が傷ついてしまうと、そこに雑菌が溜まってしまいます。他にも必要以上に洗う事で角質が剥がれ落ち、雑菌のエサになってしまいます。ですからやさしく、石鹸を泡立てた手でやさしく洗うのがポイントです。

足を洗うときは「固形石鹸」がオススメ

ボディソープには「保湿成分」が含まれています。保湿するということは、つまりお肌にバリアをつくって乾燥しないようにするということです。確かにお肌は乾燥しにくくなりますが、この後に使う重曹の効果も減ってしまいます。しかも雑菌は湿気が大好きですから、保湿しすぎても逆効果です。なので、ここは固形石鹸を使う事をおススメします。ただし最近では、固形石鹸でも保湿効果をうたったものがありますから注意してくださいね。

重曹で足湯・・・

足をキレイに洗った後に、重曹の足湯です。洗面器にお湯を入れ、大さじ1杯程度の重曹を加え、足を10分程度つけます。これでオッケーです。

重曹をたくさん入れたらよりイソ吉草酸に効果があるんじゃないかと思うかもしれませんが、アルカリ性が強くなると肌に負担もかかりますから注意してください。

また、重曹足湯を長時間行うと、角質がふやけて傷つきやすくなります。傷ついた部分から雑菌が発生することで、間接的に足の臭いの原因となります。

靴下と靴について

足のニオイ対策は足の他に「靴」「靴下」があります。この靴や靴下にも重曹は使えます。

「靴」対策

手っ取り早いのは「直接靴に重曹をふりかける」

これが一番手っ取り早いです。靴の中に重曹をしきつめて一晩おいてみてください。ニオイの他に、湿気もとってくれます。靴を履くときはしっかり重曹を取り除いてから履けばオッケーです。

・・・めんどくさいですよね(笑)(試してみましたが、効果は確かにありました)もっとラクチンな方法はないの?

もう少し手軽な方法だと・・・

後処理が楽な方法だと布(古い靴下やタイツも使えます。小さい靴ならティーパックもアリ)に重曹を入れ、こぼれないようにしっかりくくってから靴の中に入れておきます。直接いれるほどではなくても、消臭効果はありますよ。

外出先でも使える方法

もっと手軽に、外出先でも使える方法なら「手作り重曹スプレー」です。

水150mlに小さじ1杯の重曹を入れて出来上がり!これを霧吹きに入れて靴全体にシュッとかけておきます。

「靴下」対策

脱いだ靴下のニオイが気になる、という方は(私のように、靴下からウ〇コのニオイがするという方も)重曹水につけてから洗濯する、というのも手です。洗面器にぬるま湯を入れ、大さじ1杯の重曹を入れて混ぜ、そこに靴下をつけます。1,2時間後に手洗い又は洗濯機で洗います。しっかり汚れを取りたいなら一晩つけてからでもオッケーです。

重曹を使った足の臭い対策の注意点

さて、ここまで各部位についてニオイ対策の方法を見てきました。ですが、これだけでは根本的なニオイ対策にはなっていません。その点について説明していきます。

あくまで「中和」だけ

重曹は、確かにイソ吉草酸と反応して中和することで、足のニオイが和らぎます。(ついでに吸水効果でニオイ成分を吸った水や汗も吸収してくれます)

ですが、イソ吉草酸の発生や繁殖をおさえたり、やっつけたりする効果はありません。ということは、例えば靴に重曹スプレーを使えばその時はイソ吉草酸が中和されてニオイが収まるけど、雑菌たちはまだ生きています。もしこのまま翌日に同じ靴を履いてしまえば、(おそらく履いた瞬間から)また臭くなってしまいます。

ですから、靴については定期的に洗うといった対策をしないといけません。

靴の臭い対策、間違っていませんか!?強烈なニオイを消す方法は?
足のニオイ対策は「足」「靴」「靴下」です。今回はそのうちの一つ、「靴」の手入れについてみていきます。靴は清潔ですか?あなたは毎日体洗いますか?服は洗濯したものを着ていますか?と聞かれたら、「当たり前だ!」と思いますよね。...

さらに、重曹では効果のないニオイがあります。

アンモニア臭にはきかない

別記事で、足のニオイにはアンモニア臭もあると書きました。ツーンとしたあのニオイですね。

足がクサい原因、知ってますか?足の臭さには、いろんな理由があります!
「足のニオイ、何とかしたい・・・」と思った時に、「そもそもどうして足がクサいんだ!?」という理由がはっきりわかっていないことに気づきました。そこで、この記事では「なぜ足がクサくなるのか?」について調べたことをまとめています。足が...

アンモニアは重曹と同じアルカリ性です。アルカリ同士は仲間ですから中和されません。つまり、重曹はアンモニアのニオイに効果がありません。

ということは、先ほど重曹には足のニオイを軽減する効果はあると書きましたが、人によっては全くニオイ対策にならないこともあるのです。

まとめ

重曹は確かに足の臭いに効果はあります。しかし、重曹だけで足の臭いを根本的になくすというのは難しいでしょう。

私は下記記事でオススメしている消臭グッズをメインの消臭対策としていますが、それと重曹を組み合わせることで、かなり消臭できています。

重曹は安く簡単に手に入るものですし、ニオイ対策以外にも掃除など家庭で使う場面の多いアイテムです。使わないのはもったいないですね。

【決定版】足の臭い対策ランキング!!足のニオイは簡単に消せる!?
なぜ足が臭いのか?その原因は、「足」「靴下」「靴」の3点をしっかりニオイ対策できていないから!!当サイトでは、管理人自身が悩まされ続けた足のニオイ問題の原因と、足の臭いをなくすために今も行っている対策もご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました