足の臭いと水虫の関係とは?~そのニオイ、放っておくと危険かも!?

「足」のニオイ対策

足が臭い原因は雑菌の繁殖にあります。そして、同時に足は体の中でも「水虫」が発生しやすい部位でもあります。

足の臭いと水虫。この2つにはどんな関係があるのでしょうか?

「足が臭い」=「水虫」ではない!!だけど・・・

先に結論を書いておきますと、「足が臭い」ことと「水虫であること」はイコールではありません。

足が臭くなる原因は、当ブログでも何度か書いてますが、雑菌が繁殖してニオイ成分を発生させることにあります。

ですが、実は水虫でも足が臭くなることがあります。そして、足が臭くなる条件と水虫が発生する条件は似ているんです。

そもそも水虫とは?

ではそもそも水虫っていったい何なんでしょうか?

水虫とは、白癬(はくせん)菌が皮膚に寄生して発症する病気です

水虫とは(正確には白癬と言います)、白癬菌というカビの一種が皮膚の角質層(ケラチン)に寄生することで発症する皮膚病のことです。

ちなみに、角質層(ケラチン)は皮膚以外にも爪や髪などにも含まれます。ケラチンがある所ならどこでも感染する可能性があるのですが、実際にはほとんどが足に発症します。

水虫に感染する仕組みは?

足水虫の原因となる白癬菌のほとんどはヒト好性菌ですので、人から人へ感染していきます。ということで、まず水虫に感染している人の足から剥がれ落ちた皮膚に触れることで、白癬菌と接触します。

具体的にはバスマット、スリッパ、布団、温泉、ジムなどの他人と共用するものから感染する可能性があります。そして非常に残念なことに、水虫患者さんが使ったバスマットやスリッパなどにはほぼ100%白癬菌が存在します。

水虫が「発症」するには・・・

ただし、この時点ではあくまで「感染」しただけで、「発症」はしていません。足に付着した白癬菌が長時間皮膚に触れていると水虫を発症してしまうのです。

共用のバスマットなどを使用したらすぐに足を洗えば大丈夫です。とはいえ、お風呂に入った後にまた足を洗っていてはキリがありませんから、できるだけ素足で過ごすなどして足を乾燥させましょう。そうすれば、付着していた白癬菌も剥がれ落ちてくれます。

 

ですが、足に保湿クリームをたっぷり塗ったり、足が乾ききっていないのに靴下や靴を履くと、足が乾くヒマもないので白癬菌が付きっぱなしになります。この状態を長時間続けていると、水虫になってしまうのです。

白癬菌は高温多湿が大好きです

白癬菌はカビの一種ですから、高温多湿な環境でどんどん繁殖していきます。

勘の良い方ならピンときたかもしれませんが、実は足の臭いの原因となる雑菌の繁殖条件も同じです。

 

長時間靴下や靴を履いたりすることで、どうしても足は高温多湿状態になってしまいます。前章で書いた「足が臭くなる条件と水虫になる条件は似ている」というのは、こういうことだったんですね。

 

※あと水虫と一口に言っても、発生した部位によって呼び名が変わってきますね。

爪に発症したら「爪水虫(爪白癬)」、陰部に発生したら「いんきんたむし」、頭に発生したら「しらくも」など・・・

水虫と言えばオジサンの病気・・・というわけではない

昔は水虫と言えば、おじさんのイメージがありました。ですが、最近では若い人や女性も水虫に悩む方は増えているようです。

私自身も水虫になったことがあります。

恥ずかしながら、私も一度「水虫」と診断されたことがあります。

まだ中学生でしたが、ある時、右足の薬指と小指の間が急にかゆくなって皮がボロボロ剥けていったんです。皮膚科に行ったら「水虫ですね」と言われました。(おそらくですが、親父が水虫持ちだったのが原因だと思われます。)

この年で水虫かよ・・・とショックを受けたのを覚えています。

女性の社会進出の結果・・・

女性の社会進出が進むことで、女性でも一日ストッキングやヒールなどを履いて過ごす方も増えてきています。これらは通気性が非常に悪いので、きちんと対策しないと水虫になる可能性が高くなってしまうのです。

水虫の症状

水虫の症状にもいろいろあります。ここでは足の水虫に絞って話していきます。

足の指の間がかゆくなる「趾間型」

前章で書いた私の症状です。

かゆみの他にも、指の間の皮膚がやわらかくなってボロボロはがれていきます。かきむしると汁が出てきてグジュグジュして、見た目的にもよろしくありません。

専門的には「趾間(しかん)型足白癬」と言い、最もポピュラーなタイプの水虫です。

土踏まずや足の外側がかゆくなる「小水疱型」

土踏まずや足の外側のふちの部分に、赤く小さな水疱(すいほう)ができてかゆくなります。

最初は、虫刺されかな?と思うくらいの小さなポツポツができていきます。やがて褐色になって皮がむけたら治りますが、多くの場合、また隣に新しいポツポツができて・・・の繰り返しに。

下手につぶすと、そこから別の菌が入ってしまう可能性があるので要注意です。

 

梅雨~初夏にかけて発生しやすく、秋~冬には改善する傾向があります。

角質が硬くなったりザラザラになる「角質増殖型」

女性に多い症状です。

足裏全体の皮膚が厚くなって、ひび割れたり皮がむけたりします。特にかかと部分がなりやすいです。

かゆみも少ないので、「足が乾燥しているのかな?」と勘違いしてしまいがちです。保湿を頑張っても効果がなかったり、夏の暑い時期でもこの状態が続くなら水虫を疑ったほうが良いでしょう。

爪がボロボロになる「爪水虫」

ここまで見てきたのは足そのものの水虫ですが、足の爪にもケラチンが含まれるので水虫になる可能性があります。

症状としては爪が白く濁って分厚くなり、ボロボロになって崩れていきます。

 

また、塗り薬を使用しても患部まで有効成分が届きにくいこともあり、単に塗り薬だけ使っていると足の水虫よりも治りにくい傾向にあります。

水虫の治療方法とは?

病院で処方される塗り薬や飲み薬で治療していきます。完治まで3か月~半年以上かかることもあるので、焦らず根気よく治していきましょう。

抗真菌薬が原則

足水虫の治療方法は基本的に「外用抗真菌薬」を使うのが原則です。

つまり白癬菌などのカビ殺菌作用のある塗り薬で治療していきます。薬の形状も軟膏、液体品、クリームの他にスプレータイプもあります。

爪水虫は飲み薬で治します

爪水虫については前章でも書いた通り、塗り薬では爪の中まで有効成分が届きません。なので飲み薬が一般的です。

これについては肝機能への副作用などが起こりやすいこともあり、自己判断ではなくお医者さんに必ず相談するようにしてください。

 

(追記)

最近、爪水虫用の塗り薬が出てきたようです。これまで肝臓に障害のある人は、飲み薬での治療ができなかったのですが、これなら肝機能への影響も考えずに治療できるようになると期待されています。

水虫の予防方法とは?

さて、一度かかってしまうと治るまで時間もかかる水虫。できればかかりたくないですよね。

普段の生活で水虫にならないように予防していきましょう。

足を清潔に保つ

とにかく、足を清潔に保つことが大事です。

汗や汚れがたくさんついた靴下は、帰宅したらできるだけ早く脱いで足をキレイに洗いましょう。特に指の間は丁寧に、石鹸をたっぷり泡立ててやさしく手で洗うとよいです。

タオルなどを使ってもいいのですが、どうしてもこすれて皮膚を傷つけやすくなってしまうので注意してください。

足は乾燥状態を保つ

足を清潔に保つことにもつながりますが、家ではあまり靴下をはかず素足で過ごすようにしましょう。白癬菌は湿気が大好きです。お風呂上りには、足の指の間まで丁寧に水分をふき取るようにしてください。

 

冬場などは足が冷えるので、部屋でも靴下を履く・・・という方もいらっしゃると思います。その気持ちはわかるのですが、足が蒸れやすくなるので水虫のリスクは高くなるということも頭に入れておいてください。

靴下や靴は通気性のよいものを選ぶ

外出する際に履く靴下や靴は、できるだけ通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

靴下は五本指タイプのものを履くと、足の指がくっつかないので水虫対策にもバッチリです。(ただ、特に女性ですと五本指なんてカッコ悪い・・・という方も多いと思います。そんなときはつま先だけ五本指タイプの靴下やストッキングも売っていますので利用してください)

家族や同居人に水虫患者がいれば、バスマットやスリッパの共用はしない

水虫患者が使った後のバスマットには、ほぼ100%の確率で白癬菌がいます。一緒に暮らす家族や同居する方に水虫患者がいたら、できるだけ共用は避けましょう。

ちなみにきちんと洗濯したら白癬菌はいないので、気にしなくても大丈夫です。

「水虫かな?」と思ったら、早めに受診

いつもと足の様子が違うなと感じたら、自己判断せずに皮膚科を受診するとよいでしょう。あなたの自覚症状がないままに、白癬菌をまき散らす原因になってしまいます。

早めの対策をすることが大切です。

まとめ~水虫と足の臭いの関係?

さて、ここまで読んでいただいて改めて分かって頂けたかと思いますが、水虫予防と足の臭い対策は似ています。

両者に共通なのは、「足を清潔に保つ」「足を乾燥させる」ということですね。足の臭いが発生しやすい環境は、水虫になりやすい環境と同じということです。

 

その足の臭い、放っておくと水虫の原因になるかもしれませんよ・・・足を清潔に保つには、毎日の足の洗浄方法からみなおしていきましょう。こちらの記事を参照ください。

【写真あり】アニセ薬用石鹸の口コミに惹かれて使ってみた結果・・・
学生時代「足がクサイ」といじめられたことがトラウマで、自分に自信が持てませんでした。 社会人になってからも周りの人が「こいつ足がクサイな」って思ってるんじゃないかとビクビクしていました。 そうして...
タイトルとURLをコピーしました