足の臭いにミョウバンは効果あり!?重曹との違いは?

足のニオイ対策のウソホント!?

足のニオイ対策として、重曹などと並んであげられるのが「ミョウバン」です。

そういえば、私がおススメしているアニセ薬用石鹸にもミョウバンが含まれていました。これは期待できそう!ということで、ミョウバンについて調べてみました。

ミョウバンとは?効能は?

ミョウバンとはもともと天然の鉱物です。古くから、その特性を生かして様々な場面で使われてきました。

制汗剤

古代ローマ時代から制汗剤として使われたほど、古くから制汗作用が知られていた、世界最古のデオドラント剤としても有名です。・・・ですが、実はこの制汗作用のメカニズムについては、はっきりしたことが解明されていません。

ただ、汗腺が引き締められるために汗の量が減るということは分かっています。そのため、現在でも多くの制汗剤にミョウバンは使われています。

制菌作用

ミョウバンを水に溶かしたミョウバン水は酸性になります。酸性条件下では、足に生息する雑菌の繁殖が抑えられます。つまり、ミョウバン水には制菌作用があります。

アルカリ性のニオイの消臭

さらに、酸性であるということはアルカリ性の物質と反応して中和することができます。つまり、アルカリ性であるアンモニアと反応することで、あのツーンとしたニオイを消すことが出来るのです。消臭作用があるということですね。

足のニオイに効くの?

制汗・制菌作用で足のニオイの原因となる雑菌の繁殖を抑え、しかもあのツーンとしたイヤな臭いも消してくれる。これは足のニオイに効果ありそうな気がしてきませんか?

結論から言えば、ミョウバンは足のニオイ対策に効果ありです。ただし、ミョウバンだけで全部解決するか?といえば、少し物足りないなと感じました。

 

何と組み合わせたらいいの?という話をする前に、ここで改めて、足のニオイ対策に関するミョウバンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ミョウバンのメリット

安全性が高い

古代から使われていたということもあり、後で紹介する用量を間違えずに使用していれば、肌へのトラブルも少なく安全に使えます

安価で手に入りやすい

身近にある商品という点も、大切なメリットですね。スーパーや薬局で売っています。ちなみにスーパーだと、漬物売り場などで売ってます。

ミョウバンではなく「焼きミョウバン」の名称の場合もありますが、それで構いません。ちなみに、私は30g入って85円(税抜き)でした。安いものだと、数十円で100g入りのものが買えます。30gあれば結構長い期間使えますから、コスパも良いです。

雑菌の繁殖を抑え、アンモニア臭を打ち消す

先ほども書きましたが、ミョウバン水は酸性ですので、肌にかければ皮膚表面での雑菌の繁殖を抑えることができます。

また、アルカリ性であるツーンとしたアンモニア臭を打ち消すことができます。

ミョウバンのデメリット

ミョウバン水は速乾性がない

後で紹介しますが、ミョウバン水を使った消臭スプレーが作れます。靴にも使用できるのですが、すぐには乾きません。

靴を1日履き続けたらかなりの雑菌が繁殖しています。どうせすぐに乾かないのだから、一日の用事を終えて帰宅した後にスプレーしておくとよいでしょう。次に履くときまでに雑菌の繁殖を抑えてくれます。ただし、靴はできるだけ連続して履かないようにしましょう。

靴の臭い対策、間違っていませんか!?強烈なニオイを消す方法は?
足のニオイ対策は「足」「靴」「靴下」です。今回はそのうちの一つ、「靴」の手入れについてみていきます。靴は清潔ですか?あなたは毎日体洗いますか?服は洗濯したものを着ていますか?と聞かれたら、「当たり前だ!」と思いますよね。...

酸性のニオイ(イソ吉草酸)には効かない

足のニオイの大きな原因の一つ、「イソ吉草酸」は酸性です。ですから酸性であるミョウバン水では、このイソ吉草酸を打ち消すことが出来ません。

いわゆる「足のニオイ」と聞いてみなさんがイメージするのが、イソ吉草酸のニオイなのです。そのニオイに効果がない、というのがミョウバンのデメリットです。

※ちなみに、イソ吉草酸にはアルカリ性の重曹が効果アリです。

 

とはいえ、ミョウバンのメリットを生かせば足のニオイ対策に使えます。

では、ミョウバン水についてみていきましょう。

ミョウバン水について

ミョウバン水の材料

まず、ミョウバン水の材料ですが

・ミョウバン10g

・水道水300ml

・ペットボトル(保存容器として)

これだけです!!

簡単でしょう?

ちなみに、ミネラルウォーターではなく水道水を使うのは、水道水に含まれる塩素効果でミョウバン水が腐るのを遅らせるためです。

ミョウバン水の作り方

では、作り方です。といっても何も難しくありません。

①水300mlをペットボトルに入れる

②ミョウバン10gをこぼさないようにペットボトルに入れる

③よく振る

以上!!

ミョウバンを入れる際は、ロートや薬包紙などを使うと入れやすくなります。

 

ミョウバンは水に溶けにくいので、しっかり振り混ぜたらしばらく放置してください。ミョウバンの溶け残りが出てくると思います。

↑ふり混ぜた直後です。

そうしたら、またしっかり振り混ぜるの繰り返しです。混ぜ方によっては数日かかることもありますが、大丈夫。

透明になったら完成です。

冷蔵庫で保管すれば、1ヶ月程度は使えますよ。これはミョウバン水の原液ですから、実際に使う時はさらに薄めます。

※ちなみにさっきの写真ではペットボトルに大きく「飲むな!」と書いてましたが、原液を間違って飲まないように注意してください!

ミョウバン水の使い方

さて、無事完成したミョウバン水ですが、このままでは酸性が強すぎるので10倍~30倍に薄めてから使います。

念のため、初めて使う際は30倍に薄めてからにしてください。敏感肌の方だと影響があるかもしれないので。ちなみに私は10倍に薄めて使ってます。

薄めたミョウバン水は冷蔵庫で1週間を目安に使い切ってください。霧吹きに入れて手作り消臭スプレーにすれば、携帯も可能ですね。

ミョウバン水原液をお湯で薄めたミョウバン足湯もオススメ。洗面器にお湯とミョウバン水を入れ、よく混ぜてから10分程度つかるだけ。

ただし、足に傷がある場合はしみるので、濃度を薄くしてください。

重曹と組み合わせると、効果アップ!

さきほどミョウバンのデメリットの説明中に、「イソ吉草酸のニオイには重曹が効果あり」とありましたね。

そうなんです。ミョウバンと重曹を組み合わせることで、足のニオイ対策になるんです。

使い方は、重曹足湯でイソ吉草酸のニオイを消した後の足に、ミョウバン足湯をすること!

これで、ニオイの元も原因となる雑菌の繁殖も抑えられます。

足湯ばっかりめんどくさい!と感じたら・・・

重曹とミョウバンのW足湯作戦、たしかに効果はあるんです。

が、結構めんどくさいんです・・・手間も時間もかかるし、ウチみたいに小さな子供がいる家庭では、なかなかのんびり足湯やってられない!ですよね。

そこで、時短で足のニオイ対策できないかと調べていたら見つけたのが「アニセ薬用石鹸」でした。

足専用の石鹸として使えば、私は3ヶ月持ちました。ミョウバン+重曹よりは高くなりますが、手間ひま考えたら、こっちの方がいいかもしれません。

【アニセ薬用石鹸】1週間使ってビックリ!!「足専用石鹸」の効果はウソじゃなかった!!
足の臭い対策のためにつくられた「アニセ薬用石鹸」。長年足の臭いに悩んでいた私は、この石鹸のおかげで無臭になりました!この記事では、なぜアニセ薬用石鹸がスゴイ消臭力を持つのか、実際に使った感想などをまとめました。足のニオイに困っているあなたに、きっと役立ちます。

まとめ

ミョウバンは、安くて身近に手に入る割には、足のニオイ対策に効果はあります。

とはいっても、ミョウバンだけでは足のニオイをやっつけることはできません。

全く効果がないわけではないので、重曹と組み合わせて使うなど、いろいろある対策のうちの一つとして、試してみる価値はアリです。

タイトルとURLをコピーしました