サンダルが臭いときの対策とは?

「靴」のニオイ対策

今年もまだまだ暑い日が続いています。暑いときには靴なんて履いてられないですね。特に休みの日は、男の人もサンダル履きで過ごすというのも一般的になってきました。

さて、そんなサンダルですが、気を付けないと結構クサくなってしまうって知ってましたか?せっかくおしゃれなサンダルを履いても、ニオイが気になってはお出かけも楽しくなくなってしまいますね・・・

まだまだサンダルを履く機会はたくさんあります。今からでもできる、サンダルの臭い対策をまとめました。

サンダルは意外とクサい!?

「サンダルって靴より臭わないんじゃないの?」と思った方もいるかもしれませんね。たしかに靴よりも通気性がよく、素足で履くために蒸れにくいはずなのに・・・だけどサンダルの臭いに悩む方はたくさんいます。

そこで、まずどうしてサンダルが臭くなるのか?を見ていきましょう。

サンダルが臭くなる理由

サンダルが臭くなるのには、ワケがあります。

汗の逃げ場がない(=雑菌は湿気大好き!)

靴の場合は、靴下が汗を吸ってくれるので直接靴が汗を吸いにくくなっています。ところがサンダルの場合、足から出た汗が直接サンダルに触れてしまいます。汗がどんどん出てくる素足と密着しているために汗の逃げ場がなくなり、結果として蒸れてしまいます。

しかも、夏場だと地面からの熱や足の体温も伝わってとっても熱くなります。こうした高温多湿の状態は雑菌が繁殖しやすくなるので、サンダルが臭くなってしまうんです。つまり、靴とは違う理由で雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうんです。

皮脂や垢(=雑菌のエサ)がたまりやすい

先ほど足とサンダルが直接触れていることを挙げましたが、それに関連して、足の皮膚がサンダルとこすれ合ってかかとの角質や皮脂が剥がれ落ちやすいんです。雑菌はこの角質や皮脂が大好物です。汗で蒸れ蒸れになっていて、しかも先ほど書いたように温度も高いのでますます角質や皮脂がはがれやすくなるという負のスパイラル。

足指がくっついたままのサンダル

特に女性向けのオシャレなサンダルは、つま先が細くて足指がくっついたままになってしまうものが多いですね。足指の間は特に汗をかきやすい部位なので、これが蒸れを引き起こします。

サンダルの素材

サンダルに使われている素材の多くは吸水性が低く、蒸れの原因となります。

ゴムサンダルやビーチサンダルは吸水性なし

ゴムサンダル(ラバーサンダル)やビーチサンダルは吸水性が全くありません。(ビーチサンダルに吸水性があったら海やプールで履けませんしね)

通気性はいいけれど、まったく汗を吸わないので、そのまま履き続けると蒸れます。

レザーサンダルは吸水性あり!ですが・・・

レザーサンダルはゴム製のものに比べると吸水性があります。よくあるのが、足の裏が触れる面がスウェード素材になっているもの。とても汗を吸ってくれるので、その点はとてもよいのですが・・・

このタイプのサンダルって「足型」が残りますよね。これは履き心地の良さにもつながるんですが、一方で足裏の汚れや汗が素材にたっぷり染み込んでしまっているということでもあります。

なので、お手入れをせずに履き続けるとやがてニオイの元になってしまうのです。

正しく手入れしてサンダルをおしゃれに履こう!

ここまで見てきたように、下手したら靴よりも臭くなってしまう可能性のあるサンダル。ですが正しくお手入れをすることで、ニオイを気にせずに履き続けることができます。いくつか方法があるので、できそうなものから試してみてください。

洗剤で洗う

素材によっては洗えないものもありますが、とりあえず洗えるなら洗ったほうがニオイも取れます。ゴム・ラバー製のサンダルは水で洗えるので、中性洗剤を使って洗っちゃいましょう。一番丁寧な洗い方を説明します。用意するのは以下のものです。

・バケツ

・ブラシ(不要な歯ブラシでOKです)

・中性洗剤

・汚れてもいいタオル

・ゴム手袋

①サンダルが乾いた状態で、ブラシを使って表面の汚れをしっかり取り除きます。

②バケツに水を張り、少量の中性洗剤を入れてよく混ぜます。タオルを入れてよく絞ってから、サンダルを軽く叩くようにして拭きます。ゴシゴシこするのは、汚れが生地の中に浸透するのでダメです。(靴底はこすっても大丈夫です)

③先ほどのタオルをきれいな水で洗って絞り、水拭きします。洗剤が取れたら風通しの良い場所で陰干しして乾かしておしまい!!

では、素材別にもう少し具体的にみていきます。

ゴム製サンダルは水洗いOK

ゴム製のサンダルは水につけても大丈夫なので、先ほど紹介した方法よりももう少し雑に丸洗い可能です。

布製サンダルはブラッシングを丁寧に

布製サンダルも水洗いできますが、ブラッシングをしっかりしておかないと汚れが生地の奥の方に染み込んでしまうので要注意です。

レザーサンダルは、専用洗剤やグッズを使って洗うのがベター

ゴム製サンダルと違ってレザーサンダルは専用の洗剤があるので、それを使うとサンダルへの負担をかけずに洗うことができます。ブラシやふきんも専用のものが売っているので、お気に入りのサンダルならこうした専用グッズを使って洗うほうがベターです。

しょっちゅう洗ってられないよ!という方には・・・

サンダルを洗うのが面倒!というのであれば、ミョウバン水スプレーをしておくのもありです。ミョウバン水がサンダル表面の雑菌を除去してくれます。ただ、スプレーしまくってベチャベチャのまま放っておくのもよくありませんのでほどほどに・・・

ミョウバン水スプレーを作るのも面倒だよーという方は、とりあえずアルコール入りの除菌シートで表面をサッと拭いておきましょう。汚れやほこりも取れるし、すぐに乾きます。

天日干ししても大丈夫なの?

天日干しした方が早く乾くし、日光パワーで菌も除去できそう・・・と思ったのですが、あまりオススメできません。基本は風通しの良い場所に陰干ししてください。

というのも、真夏の強い日差しに長時間当てるとゴム製サンダルだとゴムが割れる可能性があるからです。他の素材も傷む恐れがあるので、どうしても天日干しというのであれば短い時間だけにしましょう。

防水スプレーで汚れをつきにくくする

防水スプレーをかけておくことで、汚れをつきにくくすることができます。ブラッシングの手間も減りますね。

ただしインソールに防水スプレーがかかると、ますます汗を吸わなくなってしまいます。いらないタオルや新聞紙などでインソールを覆ってからにしましょう。このひと手間が大切です。

サンダルの臭い対策グッズは?

実際にニオイがついてしまったサンダルはどうしたらいいのでしょうか。

重曹や新聞紙が使える

当ブログでも何度も登場している重曹を使って消臭します。

重曹で消臭!?足湯にスプレー、重曹で足のニオイは消える?
足のニオイ対策としてよく取り上げられるのが、「重曹」です。 コスパの良さがウリの重曹。家の掃除など様々な場面で役立つのに、安く手に入れることが出来る。 そんな重曹が足のニオイに効くらしい。同じやるなら安く足のニオイ対策ができれば...

不要な靴下などに入れてインソールの上におくのもアリですが、直接振りかけた方が早いです。ちょっと手間ですが・・・特に害はないので履く前にしっかり叩き落とすようにすれば大丈夫です。

新聞紙も消臭効果があります。長時間置いておくとインクがしみ込む恐れがあるので注意してください。

まとめ

サンダルはついついお手入れを怠りがち。ですが、きちんとお手入れすればニオイも減るだけでなく、長く使うこともできます。

正しいお手入れをして、お気に入りのサンダルをおしゃれに履きましょう!!

タイトルとURLをコピーしました