足のニオイ対策のウソホント!?~石鹸の選び方

足のニオイ対策のウソホント!?

足のニオイ対策の本命は、足を清潔に保つことです。

足の洗浄が大切ですね。そこで「固形石鹸」と「液体石鹸(いわゆるボディーソープ)」のどちらを使う方が効果があるのか?ということについて調べました。

固形石鹸とボディソープって何が違うの?

まず、固形石鹸とボディソープとの違いはなんでしょうか?

作り方が違う

固形石鹸は、オリーブオイルやココナッツオイルなどの油脂を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で鹸化(けんか)することで作られます。

 

一方、ボディソープは脂肪酸を水酸化カリウム(苛性カリ)で鹸化することで作られます。

pHが違う

次にpH(物質を水に溶かした時の酸性・中性・アルカリ性の度合いを表す指標です)が違います。

固形石鹸は、弱アルカリ性です。

ボディソープは、弱酸性から弱アルカリ性まであります。「弱酸性ビ○レ」など、メジャーなものは弱酸性が多いようです。

固形石鹸とボディソープの違いは、足にどう影響するのか?

ボディソープの方が洗浄力が強い

当たり前ですが、固形石鹸よりボディソープの方が後に作られました。ボディソープは固形石鹸の欠点を改良するために作られたのです。

その改良された欠点とは、「洗浄力」です。

先ほども書きましたが、固形石鹸は弱アルカリ性です。そして体の汚れ(皮脂など)は弱酸性なんです。

ということは、両者が出会うことで中和され、固形石鹸は洗浄力が落ちてしまいます。一方、ボディソープは弱酸性が主流ですから、洗浄力が最後まで落ちずにしっかりと汚れを落とすことができます。

固形石鹸でも、十分汚れは落ちる

固形石鹸だと汚れやニオイが落ちないのか?というと、そんなことはありません。

固形石鹸で洗った直後の足のニオイを臭気測定すると、全く気にならないレベルになったという研究結果があります。

つまり、ニオイを落とすという点においては、固形石鹸でも十分だと言えます。

洗い流しやすいのは・・・

さらに、水で洗い流すときにも違いが。

 

固形石鹸の泡が水に触れると、すぐに洗浄力が落ちてしまいます。簡単に洗い落とせますし、洗い残したとしても肌への影響はマイルドです。

ボディソープは多少水で薄まっても洗浄力は落ちません。なので、しっかりとすすいで洗う必要があります。そして「しっかり洗わなきゃ」と思ってついこすったり、強めのシャワーを長時間かけることで、肌にも負担がかかります。

保湿成分があると・・・

しかも、ボディソープには保湿成分が含まれています。「えっ?保湿してくれるならいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、足のニオイ対策としては良くないのです。なぜなら、雑菌は湿気が大好きだからです。

ということは、しっかり保湿された足というのは雑菌にとって住みやすい環境になってしまうのです。

足を洗った後にはしっかり乾燥させる、これが足のニオイ対策に重要です。

比べてみると、足のニオイ対策には固形石鹸の方が有利!

ここまで見てくると、固形石鹸の方が足のニオイ対策には有利だということがお分かりかと思います。

皮膚に常に存在する菌(常在菌)は、外部からのウイルスの侵入を防ぐ、という大事な役割があります。

雑菌をしっかり洗いきってしまうと皮膚の抵抗力が落ちることにつながり、新たな雑菌の繁殖を呼んでしまうことになってしまうんです。

では、どうしたらいいのか?

ほどほどに雑菌を除去し、雑菌が増えるスピードをおさえるようにすればよいのです。そのためには、石鹸を選ぶ際に洗浄力の強さを基準にしない方が良い、という結論になります。

まとめ

足を洗う時に使うのは固形石鹸がおススメです。その理由は、雑菌をほどほどにキレイにしてくれるから!!

そして固形石鹸の中でも「保湿効果」をうたうものは使わない方がよいです。雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

タイトルとURLをコピーしました