セスキ炭酸ソーダで足のニオイは消える!?重曹との違いは?

「靴下」のニオイ対策

以前、このブログで「重曹」で足のニオイ対策ができるという記事を書きました。

重曹で消臭!?足湯にスプレー、重曹で足のニオイは消える?
足のニオイ対策としてよく取り上げられるのが、「重曹」です。 コスパの良さがウリの重曹。家の掃除など様々な場面で役立つのに、安く手に入れることが出来る。 そんな重曹が足のニオイに効くらしい。同じやるなら安く足のニオイ対策ができれば...

重曹はお掃除にも使える便利グッズです。では、そんな重曹と同じくお掃除に使われる「セスキ炭酸ソーダ」でも足のニオイを消すことができるのでしょうか?

今回はセスキ炭酸ソーダと足のニオイについてまとめていきます。

セスキ炭酸ソーダとは?~重曹との違い

スーパーやホームセンターでよく目にする「セスキ炭酸ソーダ」。これって一体何者なのでしょうか?

ソーダ灰と重曹を1:1で混ぜたもの

結論から言うと、セスキ炭酸ソーダとは「炭酸ナトリウム」と「重曹」を1:1で混ぜて作られたものです。ちなみに重曹とは「炭酸水素ナトリウム」の俗称なので、炭酸ナトリウムとよく似ています。(ついでに言うと、ソーダとは「ナトリウム」のことです)

炭酸ナトリウム・・・Na2CO3

炭酸水素ナトリウム(重曹)・・・NaHCO3

化学式で書くと、似ているというのが分かりやすいですね。

どちらもアルカリ性ですが・・・

炭酸ナトリウムも重曹もアルカリ性ですが、その強さには違いがあります。酸性やアルカリ性の度合を表すものとして「pH」がありますが、

重曹のpHはおよそ8.3

炭酸ナトリウムのpHはおよそ11.3

セスキ炭酸ソーダのpHはおよそ9.7

となっています。なぜ「およそ」と言っているかというと、条件によってpHは大きく変わるからです。なので他のサイトでは異なる値を書いていますが、どれが正解だ間違っているということはありません。あくまでpHを測定したときの条件による違いです。

ですので、ざっくりアルカリ性の強さとして

重曹<セスキ炭酸ソーダ<炭酸ナトリウム

という関係をわかっていれば十分です。

重曹よりアルカリ性が強いということは・・・

アルカリ性の物質には、たんぱく質を分解する性質があります。(重曹が皮膚に触れるとヌルヌルするのはこのせいです)セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ性が強いので、このたんぱく質の分解能力が高くなっています。

ですので、肌の弱い人がセスキ炭酸ソーダを直接皮膚に触れさせると肌荒れしやすくなります。重曹のように足湯で使ってもいいのですが、長時間足湯していると肌に悪影響を及ぼす可能性が高くなるのであまりおススメできません。

もちろんアルカリ性が強いということで、イソ吉草酸など酸性のニオイ成分に対する効果は高くなりますが、そもそも肌を傷つけてしまっては元も子もありません。

というわけで、セスキ炭酸ソーダは重曹のようには使えないということになります。ですが、直接皮膚に触れない形なら使い道はあります。

靴下や靴を洗うには効果的!!

そうです、靴下や靴の汚れやニオイ取りには効果バツグンなんです。重曹では取れなかったニオイも取れるかもしれませんよ。

重曹より皮脂汚れが落ちやすい

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもたんぱく質の分解能力が高いということで、靴下にこびりついた皮脂汚れもとりやすくなります。

靴下がカピカピになっているのはこの皮脂汚れのせいです。皮脂は雑菌のエサになりますから、靴下に皮脂汚れが残っていると、せっかく足をキレイにしていても靴下をはいた瞬間から雑菌の繁殖が開始➡すぐにニオイ発生➡足臭い!!となってしまいます。

普通の洗濯や重曹洗濯でも取れなかった・・・という方は、セスキ炭酸ソーダを使ってみてはいかがでしょうか。

セスキ炭酸ソーダ使用量は・・・

洗濯機でセスキ炭酸ソーダを使うときは、水30リットルに対して大さじ一杯。つけ置きするなら、靴下をあらかじめ石鹸で洗った後に、洗濯機で使うときと同じ割合でセスキ炭酸ソーダ水をつくり、そこに靴下を半日ほどつけておきます。

靴を洗うときにも使える!!

我が家では娘の靴を洗うのに使っています。

意外と小さい子どもの靴ってニオイやすいんですよね。お気に入りの靴ばっかり履くし、よく汗をかくからです。

洗い方も簡単です。

①ブラシで靴の汚れを払う

②ぬるま湯1リットルに対してセスキ炭酸ソーダを大さじ1杯加え、よく混ぜる

③靴を入れて1時間ほどつけておく

④ブラシでこすり、よくすすぐ

⑤洗濯機で脱水して、天日干しする(洗濯ネットを使うと靴が傷みにくい)

こんな感じ。サンダルの洗い方の記事ではもう少し丁寧な洗い方を推奨していましたが、子供の靴はサイクルが早いし、生地も丈夫なのでそこまで気にしていません(笑)

サンダルが臭いときの対策とは?
今年もまだまだ暑い日が続いています。暑いときには靴なんて履いてられないですね。特に休みの日は、男の人もサンダル履きで過ごすというのも一般的になってきました。 さて、そんなサンダルですが、気を付けないと結構クサくなってしまうって知ってま...

本当のことを言えば靴は陰干しする方がいいのですが・・・まぁいいかって感じです。

まとめ

というわけで、セスキ炭酸ソーダは主に靴下や靴を洗うのに使うことをオススメします。

もちろんそれ以外の服を洗うのにも使えるので、お家に常備してもいいかもしれません。なんせ百均で売ってるくらい安いですから。

これであの靴下のニオイが減ると思ったら安い買い物ではありませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました