冬の足が冷える・蒸れる・臭い原因は汗のせい!?

「足」のニオイ対策

靴を脱いだら、足が冷たくなってる・・・

 

足が冷たいのに、汗をいっぱいかいてるのは何で?

 

寒い日が続きますが、「足汗、特に指の間にいっぱい汗をかくようになったなぁ」と感じることはありませんか?

足は冷たいのに、汗をいっぱいかいている。

実は、これにはきちんとした理由があります。

 

きちんと対策しないと、冷え性や足が臭くなる原因にもなってしまうんです!!

足の冷えと汗の関係について、まとめました。

冬の足が汗をかきやすいワケとは?

気温が低くなると、足は心臓から遠い場所にあるため冷えやすくなります。

すると、体は本能的に

足を温めろー!!

と、足に向かって血液を送り出します。

ここまではいいんです。

 

ですが、血液をたくさん送ると、今度は

ちょっ・・・温めすぎたらダメだよ!!

 

汗をかいて冷やすんだ!!

と、汗をかきます。

 

汗をかくことで体温が下がっていくと、またまた

 

あぁ!!

今度はちょっと冷えすぎ!!

 

血液をいっぱい送って、足を温めるんだ!!

 

と足に血液を送って体温を上げようとします。

 

・・・これを繰り返すことで「足は冷たいけど、汗びっちょり」状態になってしまいます。

足の冷えを放っておくとキケン!

こうして冷えてしまった足を放っておくと、いわゆる「冷え性」や「しもやけ」、さらには足のニオイの原因になります。

 

冷え性というと女性がかかるイメージがあるかもしれませんが、男性でも冷え性になる人は多いです。

かくいう私自身も冷え性でした・・・

 

冷え性をそのまま放っておくと、足のむくみや、だるさを感じるようになります。

さらには、動脈硬化や高脂血症といった病気のリスクも上がってしまう・・・

冷え性を甘く見ていると、大変なことになってしまうかもしれないんです。

足のニオイについて

足のニオイは、足に繁殖した雑菌がニオイ成分を出すことで発生します。

この雑菌が繁殖しやすい条件というのが、「湿気」「温度」「エサ」です。

 

ちなみに足から出る汗は基本的に無臭です。

ですが、足にかいた汗を放置しておくことで・・・

・足全体が、雑菌の繁殖に適した湿度になります

・汗をかくことで足の皮膚がふやけ、雑菌のエサとなる垢や角質がはがれやすくなります

・足の体温は、雑菌の活動できる温度帯です

こうした条件が重なり、雑菌が一気に繁殖してしまうんです。

そうしてしばらくすると、足がクサくなってしまう・・・

 

汗をかいて冷えた足をそのままにしておくと、足のニオイがどんどん強くなってしまいます。

しもやけについて

足が冷たいままにしておくと、しもやけ(凍瘡:とうそう)の原因となります。

 

しもやけの主な原因は、足の血行不良です。

・血液の量が短期間に増えたり減ったりすること

・靴の中は体温や汗がこもるため高温なのに、低い外気に晒されることで、足が一気に冷えてしまうこと

そもそも足の血管は細くなっています。

そんなところに、血管の収縮と拡張を繰り返すようなことが起きると、血液の循環がスムーズにいかなくなってしまい、結果しもやけになってしまうんです。

足の冷え対策とは、足汗対策だ!!

ここまで見てきて、足の冷え対策をするには、足汗の対策をすることが重要だというのは分かって頂けたでしょうか。

とはいっても、足汗は本能的なものであって、完全に止めることは難しいです。

 

なので、ここでは既にかいてしまった汗を何とかする方法はないのか?という点から対策を考えていきます。

五本指靴下は効果バツグン!!

足の指の間は、特に汗をかきやすい場所です。

通常のソックスを履いていると、足の指同士がくっついてしまうので、汗が乾かないままになってしまいます。

 

そこで、五本指靴下の出番です。

指の間の汗をしっかり吸収してくれることで、汗やニオイを抑えてくれます。

天然素材の靴下だと、なおよし!

靴下は天然繊維と化学繊維(あるいはその混合)でつくられていますが、天然繊維が多く使われている靴下を履くと、より汗を吸ってくれます。

 

靴下のニオイ、何とかしたい!今からできる消臭対策とは?という記事でも詳しく書きましたが、天然繊維の靴下のメリットは「吸湿・吸水性にすぐれている」ことです。

靴下のニオイ、何とかしたい!今からできる消臭対策とは?
「足が臭い」というとき、実は足ではなく靴下からニオイがしていたということはよくあります。足から出る汗とニオイをたっぷり吸い込んだ靴下は、一度発生したニオイがなかなかとれない状態になっています。 足と靴の仲立ちをする靴下、ここをしっかり...

 

天然繊維である、綿・絹・羊毛・麻などを多く使っている五本指靴下なら、より汗を吸収してくれます。

靴の中の湿気をどうするか?

靴の中は、想像以上に高温多湿です。(湿度90%以上&温度は30℃以上という、雑菌にとってパラダイス)

いくら靴下に気を付けても、靴の中は常に高温多湿。

その結果、足の蒸れ・冷えにつながります。

 

そこで、消臭インソールを履くことで余分な汗を吸わせてしまいましょう。

汗だけでなく、いや~なニオイを吸着してくれるので一石二鳥です。

 

私が愛用しているのが、菌ピタ君という消臭インソールです。

これがあるとないとでは、足の蒸れ具合が全く違います。

【菌ピタ君】履いて実感!!「蒸れない、臭わない」の口コミは本当だった!!
足の臭いや蒸れに悩むあなたへ。この記事は足が臭わない!!蒸れない!!しかも何回も使える!!コスパ最強の菌ピタ君についてまとめています。菌ピタ君を使えば、いつでも快適にニオイや群れを気にせず過ごすことができます。どうぞご覧ください。

とどめに、消臭クリーム!!

さらに消臭クリームを足に塗ることで、そもそもの汗の量を抑えて蒸れやニオイを防いでおけば完璧です。

ノーノースメルを朝出かける前に塗っておけば、一日サラサラの足をキープできます。

これでニオイも足の冷えも気にせず過ごすことができます。

ノーノースメルは効かない!?は本当なのか?口コミや評判を調べてみた
足の臭い対策グッズを調べていくと、よく聞くのが「ノーノースメル」という商品です。 足の臭いを根本的に消してくれる、と人気のこの商品。 今回は、ノーノースメルについてまとめていきます。 足の臭い対策はバランスが大...

まとめ

私冷え性だから、しょうがないの・・・と諦めていたら何も解決しません。

原因と対策を知ることで、快適に過ごせる方法はいくらでもあります。

 

もし、今までちゃんと冷え対策をしてこなかったのなら、今回私が紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

私自身が試してみて、その効果は実証済みです。

 

寒い冬を、足の冷えやニオイを気にせずに過ごしていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました