その角質ケア、間違ってませんか?正しい角質除去が、足のニオイ対策です!

「足」のニオイ対策

雑菌が「古い角質」をエサに、足のニオイの原因となる「イソ吉草酸」などを発生させます。この角質をきちんとケアすれば、雑菌のエサが無くなりますから、足の臭いを防ぐことが可能になります。

このページでは、「角質とは?」から始めて、足のニオイ対策として「正しい角質ケア」についてまとめていきます。

角質とは?

もはや「角質」という言葉は、女性だけでなく、男性でも知らない人はいないんじゃないかと思いますが、改めておさらいしておきましょう。もう知ってるよ、という方は飛ばしてもらって構いません。

角質は皮膚の表面部分

人間の皮膚は、大きく「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つに分けられます。その「表皮」の一番表面にあるのが「角質層」と呼ばれるものです。(ちなみに「表皮」は通常の厚さ0.2mm、角質層は0.02~0.03mm程度です!!)

角質層は、体内の水分の蒸発を防ぐだけでなく、外敵からのバリア機能を持ちます。外敵はそこらじゅうにいます。

紫外線、ほこり、静電気、乾燥、摩擦、化粧、花粉、エアコンの風・・・角質層は、常に外敵と戦ってくれているのです。

肌の「ターンオーバー」とは?

よく聞くターンオーバーって何でしょうか?

表皮の一番奥にある基底層から細胞が分裂して別れ、表皮の表面に平らになって積み重なって層(角質層)をつくります。この角質層の表面から角質が「垢」となって剥がれ落ちるのを繰り返し、最終的に全ての細胞が入れ替わることを「ターンオーバー」と言います。

この垢を適切に処理することで、ターンオーバーがスムーズに行われます。理想的には28日周期です。

足の角質層のターンオーバー周期は?

先ほど「ターンオーバーは28日周期が理想」と書きましたが、これはあくまで顔などの話。

足、とくにかかとの角質層はターンオーバーの周期が遅く、120日もかかるといわれます!それもそのはず、かかとの角質層は顔の100倍もあるからです。ターンオーバーが遅いということで、古い角質が溜まりやすくなってしまいます。

かかとは常に摩擦と戦っている

一日中全く歩かないという人はいないでしょう。かかとは己の体重全体を支え、床と常に摩擦を生じています。

これほど過酷な状況ですから、顔の100倍も角質層が厚いといわれても納得ですね。ですが実は他にも、かかとなど足の角質層が厚くなる理由があります。

正しい姿勢で過ごしていますか?

あなたは正しく歩けていますか?歩く姿勢が乱れると、足の特定の部分に負荷がかかります。その余計な負荷のかかった部分は防衛反応として、角質層を分厚くしていきます。

適切な靴を履いていますか?

あなたの靴のサイズは適切ですか?靴のサイズが大きすぎても小さすぎても、足にとってはストレスです。また、ヒールはスニーカーなどに比べて足への負担が大きくなります。

就職活動が始まる時期になると、ヒールを履いた就活生がガニ股になりながら駅の階段を降りるのを見ることがありますが、足への負担は相当でしょう。

足には皮脂腺がない

足には汗腺はありますが、皮脂腺はありません。ですから、裸足で過ごしていると乾燥しやすい状態になります。皮脂には水分保持という役割があるのですが、それがないことで足全体に水分がいきわたらなくなり、ターンオーバーのサイクルが乱れやすくなります。

冷え性

意外なところでは、冷え性もターンオーバーの乱れに影響します。ちなみに私は末端冷え性です。

冷え性の原因として「血行不良」「新陳代謝の低下」「ホルモンの乱れ」などがあります。

正しい角質ケアとは?

角質の正しいケアとはどのように行うのでしょうか?

保湿

足は何もしないと乾燥しがちです。そこで、保湿クリームなどで適度に保湿してあげることで、乾燥から守ることができます。週に1回程度、クリームを塗った後にラップを巻いて10分ほどおくと、より角質層まで浸透しやすくなります。

靴下やスリッパの適切な使用

家の中の場合、裸足よりも靴下を履いた方がかかとへの負担は少なくなります。コットンなどの肌に優しい素材の靴下を履くと効果的です。ただし、足汗をかきやすくなりますから、足のニオイという点からみると、素足にスリッパのほうが良いかもしれませんね。

古い角質を定期的に除去する

どうしても溜まりがちな古い角質は、除去してしまうのが近道です。いろんなタイプがあります。

パック

足にパックをつけるタイプです。足にパックを張り付けてしばらく放置し、洗い流します。数日もすれば、ペロ~ンと皮がむけるように、古い角質をはがすことができます。

ローラー

リムーバーともいいますが、ローラーで物理的に角質を削ります。ただし、必要以上に角質を削ってしまい、皮膚を傷つけてしまいますと、雑菌が繁殖しやすくなるので要注意です。

石鹸

先ほどのパックやローラータイプは定期的に行う対策ですが、石鹸で洗うのは毎日できます。

石鹸を使う際は、ゴシゴシこすらず泡で包み込むように洗うのがポイントです。

私の角質ケアは・・・

では、実際私はどのように角質ケアをしているかと言いますと・・・ぶっちゃけ、石鹸で洗う以外何もしていません。

靴下を履いていると、汗をかいて足がクサくなるし、保湿しすぎるとべたべたして気持ち悪いし・・・先ほど挙げた角質ケアの方法も、パックはそれなりに手間と時間がかかるから面倒くさがりな私は続きませんでした。

リムーバーにしても、お金がかかりますし、ついつい力が入ってしまうんですね。(女性だともっとうまく出来るんでしょうか?)リムーバーを使うと、確かにそのときはつるつるするんですが、あとでもっとガサガサになってしまいました。おそらく、必要以上に削ってしまったからでしょう。

というわけで、私が唯一角質ケアとして行っているのは、「アニセ薬用石鹸」で毎日足を洗うことだけです。

【アニセ薬用石鹸】1週間使ってビックリ!!「足専用石鹸」の効果はウソじゃなかった!!
足の臭い対策のためにつくられた「アニセ薬用石鹸」。長年足の臭いに悩んでいた私は、この石鹸のおかげで無臭になりました!この記事では、なぜアニセ薬用石鹸がスゴイ消臭力を持つのか、実際に使った感想などをまとめました。足のニオイに困っているあなたに、きっと役立ちます。

結局、これだけで良かったんです。他のケアグッズを買うことを考えたらコスパもいいですしね。詳細ページにも書きましたが、角質を保護するほかにも「殺菌」「防臭」「制汗」の機能も兼ね備えています。

まとめ

というわけで、角質ケアから考える足のニオイ対策についてまとめました。角質のケアだけであれば、パックやリムーバーでもいいのですが、足のニオイについても考えると、オールインワンで対策できるアニセ薬用石鹸のほうがオススメです。

アニセ薬用石鹸専門店

タイトルとURLをコピーしました